猫山猫太のブログ

猫山猫太のつれづれ日記

猫山猫田のゆるゆる日記

さむいさむい

猫山猫太です。
なんだか暑かったり寒かったり体調崩しやすいですね。季節のアスパラを友達が送ってくれたのでそれを食べて元気もらってます。

さて、前回の話に出てきた某有名企業を向こうのせいでもなく、わたしのせいでもなくお断りするために外出時に転倒して骨折し言われた日時に入職出来ない。というストーリーを作成し、もう一つの内定決定後すぐに連絡した。担当者はわかりました。部署の方にお伝えして改めて連絡致します。との事だったが連絡は来なかった。1週間立ったので、採用ホームページを見てみたら同じ部署でまた募集がかかっており、しかもそれはわたしが希望した日時からの入職になっていた。内定決まったときに『嬉しいけどなんかやな予感がする』とうすうす思っていた。法人の性質から杓子定規な対応なのは仕方ないが在職中なので入職時期をずらして貰えないかと交渉しても『公募で決められた日に入職出来なければ内定は取り消しになるかもしれませんよ』と人事に言われたり、面接もお世辞にもうまく話せたとは思えず絶対落ちた!と思ったし、担当部署の上司の対応もなんか高圧的でよい雰囲気の部署とはなんとなく思えなかった。責任強めの仕事を任せたいのか、ドライな雰囲気もした。カイシャの評判はすこぶるスコアもよく社会的認知もめちゃくちゃ良い会社だったけど、わたしの何かがここは辞めといたほうが良いんじゃない?って言っている気がした。
お金もちゃんと貰えるし働く環境も最高水準だと思うが、この一連の連絡の杜撰さや切り離しの速さを考えると選ばなくて良かった。と思った。
入る事になった方はというと、契約書の住民表記間違っていたり、送付してきたラベルの急いでつくりましたよ!というゆるゆるな感じから、ああ。そういう事に神経質な組織じゃないんだなって逆に安心して見た目やステータスで仕事を選ばないで人の役に立つ仕事を選ぼうって気持ちになりました。
建物もボロボロだし、職務上テレワークは絶対無理だし、給料も良くはないけど、わたしのこれまでの活動の全てが繋がったようなそんな気もして、ちょっとずつ頑張ってみようかななんて思いました。

2017年に長かった職場を離れてから2020年まで紆余曲折あったけど、前の職場で仕事のリハビリも出来たし、また考えたり人とつながったり出来る仕事に就ける喜びもあるけどまずは慎重にすすめていこう。一歩一歩前へ。コロナで仕事を掴むのが難しいと言われている時期にも関わらず採用していただいた事への感謝をわすれずに。

5月も終わる

猫山猫太です。

前回からまた色々進展がありました。
先に受かっていたもったいない程の有名企業は
行かないことにしました。給料もボーナスもこれまでとは違うし、働く環境も素晴らしい。そんな評判が転職サイトにも掲載されていました。

でも何かモヤモヤしたのです。それは面接と電話での担当者の対応。法人としての性質が特殊なので、決まってることは、柔軟対応ということはなく、
こちらの都合を伝えても、期日までに入職できないのなら、内定取り消しますよと。
面接のときも、昇給はしません。契約は1年だけ、など当たり前ではあるのですがしつこく念押しされたり、自分たちの要望ばかりをだーーっと述べた上でわたしは大した事も言えないまま面接は終わった。でもなんか知らないけど受かっていた。
この意思決定では入っても納得できそうもないな。。とモヤモヤしていた。でもいまの職場にはもう退職を伝えてしまったし、うーむ。

そんな中、もう一つの面接があったので大して期待もしていなかったけど、色々な気持ちを整理しながら作文を作り、面接対策もしてなかったけど、前回面接をしたおかげかかなりしっかり自分の考えを述べることもでき、ほっとした。

建物はボロボロだし、ITもまともに整備された環境ではない。テレワークしてる人もいない。
職場は何年使ってるのかな?と思うくらい古い色の褪せたファイルBOX。
部屋もクーラーが効かなくて申し訳程度に扇風機がヘロヘロとぬるい空気をかき混ぜている。

最初に受かった会社と比べたら雲泥の差とも言える環境。でも、わたしが何年間も念じ続けていた、コーディネーターという仕事。そして、わたしがこれまでやってきた、震災文化財保護、子ども食堂、台風被害募金活動と繋がっていく仕事。

なんのために働くのか。そんな疑問をもちながらモヤモヤしながら、ここ何年も働いてきた。
あるときはタコ部屋のコールセンター。あるときは外科で治療をする先生の脇ですごい速さで速記した。あるときは大企業のおじさんたちの相手をしながら納得いかないまま強引な女性の下で働く仕事。

この前までお世話になった職場はやっと落ち着き働くことができた。働くリハビリができたことはよかったし、早い時間に起きて出勤する習慣も作ることができた。職場の人たちもとても良くしてくれました。ここからは本腰を入れてやれることをやっていかなきゃ。

コロナコロナとこんな転職に向かない状況の中でよく2社も内定が出たなとびっくり(・・;)だけども、
与えられたチャンスを無駄にしないで行けたらいいなと思う。

誤算は入社が1月ズレてしまったので、なにもしない時間がポカンとあいてしまったことか。

手伝えることがあれば、それを手伝ったりしながら時間を無駄にせず、過ごしていけたらいいと思う。

いろいろ考えた

猫山猫太です。

ゴールデンウィーク真っ只中ですが、今年は
ステイホーム週間という事で、どこも出かけるわけでなし家にいます。3月からのこの生活も、暑くなってきてかなりきつくはなってきました。

そんな中、転職活動もかなり厳しい状況下ではあるのですが、お陰様で一社内定が出ました。しかも、私には勿体ない程のポジション。正社員ではないけれど、今後の経歴を考えた時には必ずや力になりそう。

ただ、面接については全然うまく話せず、絶対落ちたと思っていて気分切り替えて次に進んでいる最中だったので、ちょっと寝耳に水というか。

いまもう一件面接にも進んでいて、そっちも職種としてはかなり魅力的でちょっと悩み中ではあるけれど、自分自身のキャリア形成という観点で見たときにもう少し年齢が行ってもチャレンジできる職なのか、天秤にかけてみると内定貰えたところはこのチャンスを逃したらもうそんな機会は巡ってこないかもしれない。とおもった。

またコーディネーター職という動きのある仕事を何年も基本していたが、なかなか出会うことができずにいたけど今回たまたま求人を見つけ出会うことが出来た。レベルの高い人達ばかりだろうから、もしかしたら直ぐにキャパオーバーして駄目になっちゃうかもだけど、巡ってきたチャンスをせっかくだから活用してみようとおもう。

あと、これまではわたしはこんな所でこんなことして働いている、えっへん!みたいな浅ましい気持ちもあったけど、そういう気持ちは心の中に自分の達成感としてしまっておけばよく、ここから何を得られるのか。そっちを大事にしていきたい。

誰かが私を見たときに、この人なかなか良さそうな人だなと感じてもらえる自分になっていく方がとても大事なことの様におもうし、滲み出てくるもの。

ここ2ヶ月半くらいいろいろな気持ちと葛藤して、
かなり自分の悪い面も曝け出してしまった。
会社は何も悪くなかった。労働運動して権力勝ち取るとか、一体何やってたんだろう。みんなから嫌がられることを矢面にたって誰からも頼まれてないのにやるとか。でもあのとんでもない経験は数千人の働く環境を変えたし、改善されたことは言うまでもない。でもフォーカスするのはそこじゃなかった。
私は自分がこのままこの環境でいることに納得ができなかった。給料も上がらず大したスキルもなく、口ばかり達者になって十年たった自分などまともに直視できないだろうなと思ってしまった。
先の十年を考えた行動を今からやるしか自分に残された道はないだろうし、そうじゃないと給料上がらない。

コロナは私にいろいろな問題を明らかにしてくれたし、揺さぶりをかけてもらえたことでだらだら安穏と与えられた椅子に腰掛ける生活にピリオドを打ってもらえた。

今できる事をやろう

猫山猫太です。

コロナの後に向けて、転職への腹積もりはできたし、面接落ちまくってもいまのところをやめないでそのまま転職活動つづければいいだけなので、やる事が明快になってきた。

今の場所も環境は悪くないけど、このまま楽な姿勢とり続けていたら、十年後先はないなと深くかんがえるようになった。なにせ、60近い人でも採用になるくらいハードルが低いのだから、ここに甘んじていては何も出来ないなと。
2017年の鬱からあけて、なかなか色々な勇気が出ずにいたけれど、2018年に今の職場に転職してリバビリさせてもらったと考えて、もっと自分の頭を使う仕事、諦めないで色々な方向を模索しようと決めた。通勤時間の長さも去ることながら、多分1番辛かったのは仕事に於いて結果を出したり、何か引き受けてできる仕事があまりにもなかった。
大学いたときみたいに大変だけど、アウトプットを出す仕事やもう少し動きのある自発的に考える仕事につきたいなと思うようになった。
いまの職場では変な奴だと思われているかもしれない。不満ばかりを述べているから。しかし、ならば自分を変えていかなきゃ。

変な上司がトリガーになって、ヤバいなと感じ始めて来たけど、結論そこじゃなかった。
もっと自分の頭で考えて結果が少しでも出せる仕事をやらないと先がない。十年先の自分をデザインする気持ちでかえていこう!

コロナの中で

猫山猫太です。

コロナの中でみんな色々な思いを抱えて生きてると思います。

猫太もいろいろな思いとこれまで潜在意識がドカンと出てきて、それを今自分が、置かれている環境や職場のせいにして待遇改善を足をバタバタさせながら大騒ぎしていました。

大騒ぎした事で勝ち取れた大きな物もありました。
例えばテレワーク。でも、それは一過的なものでした。大きな組織でとても安定感はあります。
ただ、わたしはこの会社に入ってからずっと物足りなさを感じていた事を痛感した。
仕事が殆どなく、ひたすらボーっと過ごすだけ。
最初は楽でいいなと思っていました。言われた仕事はすぐに終わるし絶対定時に帰れる。
職場の周りの人達も悪くはない。けれど、
気づいてしまったのです。私このまま年取ってくると何のスキルもなく、給与が上がる事のないこの職場で過ごすしか方法がなくなることを。
今の職場は楽だけど、いても昇給できない。ボーナスもない。同じ事をただ繰り返すだけ。しかも、スキルアップにはならない独自ルール。
あと、年齢。今43歳。あっという間に50になってしまう。環境や周囲への苛立ちは実は自分自身への苛立ちだったんだ。だから、変える。
ちゃんと自分自身で掴み取る為の行動を起こして
結果を出す。その為に目標を立てて頑張ってみよう。

コロナきっかけで自分の価値観が大きく一変した。
周りが休んでいようとなんだろうと今しっかり準備をしていこう。

2匹化を推進

猫山猫太です。

人と合う気になれないので、旦那との2匹行動を推進しようと思う。あーでもないこーでもないと思いたくない。お金も時間も気も使いたくない。

少しずついろんな人と距離を作って、自分の気持ち立て直していこう。しかし、なんでこんなに疲れてるのかな。なんだろう。

連休も

猫山猫太です。

連休も黙々と人と距離を取りつつ誰とも会わないようにしていた。外食もあまりせず、家で爆買いして美味しいものを作るように心がけた。

ホンビノス貝がやすかったから、試しに買ってみたらめちゃ美味しいのと貝エキスでなんか元気になって力が湧いてきた。そうか。私に足りなかったのは元気だっただなあ。と改めて実感。

人と会うので元気になれるって昔は思っていたけど、実はそんなことなくて、元気になるために人と距離を取るのが実は大事なんだなってよく実感。

幸い、コロナ騒動であらゆるイベントが自粛ムードになっているから、表立って会う理由もなくなったし、ほんと良かった〜。会社のテレワークの件は、自分が対象にならず落ち込んだけど、考え方変えて思い切って休んでその時期別のバイトしてしっかりお金稼ぎしてもいいのかな?!とかポジティブに捉え始めている。

人と距離詰めても何もいいことないからこのまましっかり距離を持っておこうとおもう。そしたら腹から元気でてくるかなー。