読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫山猫太のブログ

猫山猫太のつれづれ日記

猫山猫田のゆるゆる日記

猫太は元気です

猫山猫太です。

仕事を辞めて、あっという間に1ヶ月が経過しました。
あんなに苦しかった胸の動悸も体調不良もすっかり良くなって、今年は家からゆっくり桜を眺めたり、ご飯作ったり
のんびりできる幸せを噛み締めています。仕事をやめて
身にしみてよかったことをつらつらと。

仕事をやめてよかったこと

  1. 無駄遣いしなくなった

これは、びっくりするくらいなくなりました。
今まで、いかに使い過ぎていたかよくわかるし、
お金のありがたさを実感できるようになりました。
まず、この1ヶ月銀行口座からお金を下ろしていません。
財布に入っているお金の範囲で生活できるようになりました。でも、特別ケチケチしているわけでもなく、
電車も乗るし、外食も結構してます。また、生活に
必要なお金を棚卸しするようになったら、どこにいくら
かけていたのかよくわかりました。

私の場合は旅行と仕事帰りに飲み会ばかり行っていたことが大きく支出に影響が出ていました。旅行だけで月に5万以上、多いときは10万以上支出していました。こりゃ、たまるわけがない。飲み会と合わせたら月10万くらいは交際費だったわけだ。。書いてて恐ろしくなってきたよ。。
そんなわけで、ここを改善してみることにしてみたら、
あら不思議。働かなくてもお金が手元に残るではないか!

  1. 丁寧に少し手間隙かける

猫太はこれまで家の中にあるものを見ないで過ごしていたのではないか?と思うことがしばしでした。
忙しさにかまけて、家の掃除もせず、家の中にあるものをよく確認せず生きていたんだなと、最近になってやっと気付きはじめてきたように思います。
仕事を辞めてまず始めたのは、『いまあるものを使う』ということでした。食材も買ったものをきちんと生かすこともなく、自己満足の赴くままに目に見える欲しいものをその時の欲求が満たされるまで買い続けていたのです。
けれど、いまは自宅にあるものは何かな?と確認し、封が開いたものなど優先順位をちゃんとつけられるようになりました。また、ペットボトルのお茶などは買わずに、家にある
中国茶日本茶、コーヒー、紅茶をちゃんとのむようになりました。ガラス瓶に常に作りおきすることで、重たいペットボトルを運ぶ必要もなくなりました。

  1. 家の資源をきちんと見直す

家の中にある資源にこれまでまったく眼をむくことはありませんでしたが、ちゃんと見てみたら全ては宝の山でした。
例えば、使ってないハガキや書き損じのはがき。これをせっせと集めて切手に替えてもらいました。
この時知ったのですが、切手は郵便代金の代わりに支払い時に使うことができることを学びました。うーん。便利!
また、使ってない電化製品に化粧品など、買い取ってもらえることがわかり、買い取って頂きました。

そんなわけで、家の整理と心の整理を少しずつやりながら、
毎日楽しく生きていこうと誓う猫太でした。

ここまでのこと

猫山猫太です。

やっと色々な整理をつけることができました。
色々あった職場も3月末で離れることにして、
たくさん余った有給を少し使って自宅にいることが
多くなりました。

猫太が離れるタイミングで、フロアの大幅レイアウト変更
が行われ、職場の雰囲気も一気に変わりました。

これからどうなるのかはよくわかりませんが
猫太が離れて新しい空気が入ることは意味の
あることなのではないかと思います。

少しゆっくりして、身辺を見直していこうと思います。

決心

猫山猫太です。

春になって、誕生日を目前にやっとちゃんとお休みしようって、言えた。

だましだましはやっぱり良くない。
もう心が休みたがっているのだから、誰に遠慮しないで
自分の心を優先させればいい。もうこの何年もよく頑張った。

私はわたしの生き方を選ぶ権利もあるし、もうこれで終わりにする自由もある。

今日は猫太の誕生日。これからのこと、ゆっくり考えよう。

やりたくないんだ。何にも

猫山猫太です。

楽しかったイベントやいろいろ駆け抜けて、また寂しさからか、ちょっぴり不安感が出てきて、近所の友達に話を聞いてもらいながら、泣いた。

自分ファーストな意見をあたかも制度的な問題としてすり替えて、問題提起してきた同僚にもじわじわ頭にきて、一人で
冷静に考えたら、わたしはやはり、自分を大事にしようと
思った。

あと、仕事自体も心の問題とは別にもう次のステップに行って、この仕事からは卒業でいいなと改めて思うようになった。

ひたすらしっかり眠りたいし、こういう状況から解き放たれて、ゆっくりしたい。

もう、自由な羽を広げて大空に飛んでいきたい。

大事なひとたち

猫山猫太です。

宇都宮に友達に会いに行ってきました。

猫まみれになって、もふもふに癒されました。近い遠いは関係ないとても大事な仲間たちです。

人は自分を必要とされることで生きている意味を感じ、生きる力をもらえます。

本当に会いたかったー、と言って貰えることは自分の心を強く、揺るぎない気持ちにさせてもらえます。

 

池袋のウィザード

猫山猫太です。

生活は何も変わっていないのに、気分はちゃんと持ち直してきました。心臓バクバクすることもなくなり、気持ちの置き所がなんとなく決まったようなそんな雰囲気です。

 

そんなわけで、一番辛かった時に駆け込んだ、池袋のウィザードにお礼を言いに行ってきました。

 

お店に入ったら、私のこと覚えてくれていて、近況を淡々と話したら、ウィザードは泣いてくれました。お昼休みだったこともあり、お礼だけ言いにちょこっと寄りましたが、足早に店を後にすると、ウィザードが手を降ってくれて、それを見てたら、辛かった12月を思い出して、どーっと涙が溢れてきた。こんな近くに私を応援してくれているウィザードがいるじゃないか。って思ったら、心の薄皮がしっかりした皮に変化したような

動きを感じた。ありがとう。池袋のウィザード。

 

近くにいる同僚たちは、何も変わりません。

けれど、心の距離をきっちりとるようにしたら、何も思わなくなりました。

 

猫太には、猫太専用の椅子があって、その椅子に誰も座ることはできません。

そして、他のだれかにその椅子を取られることもないのです。心が弱っていたときは、

その椅子をだれかに取られるのではないか。と考えていました。けれど、そうじゃない。

みんな誰でも一人一人に心の椅子が渡されていて、その椅子はその人しか座ることの出来ない椅子なんだ。と気づいたのです。

だから、猫太の椅子に腰かけて自分のペースで進んで行こうと思います。

春の訪れと共に

猫山猫太です。

厳しい寒さもすこし和らぎ、春の足音すこし聞こえてきました。

気分の不安感もすこしづつ融けてきました。

人はひと。自分は自分で、なるべく視線を

向けないようにしはじめたら、かなり楽になってきた。

猫太には関係のないこと。気にしなくていいこと。そう思ったら、いつも通りのマイペース猫太でいいし、変わる必要なんてないんだからとのんびりな気持ちに戻ってきました。

今日も焦らず、マイペースにいくぞ